人生の金メダリストになる「準備力」 成功するルーティーンには2つのタイプがある長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保氏(44)が28日放送のTBS系「ビビット」にゲストコメンテーターとして出演し、五輪メダリストの報奨金について「足りない」と発言しました。

平昌五輪スピードスケート女子で新種目のマススタートと団体追い抜きの2個の金メダルを獲得した高木菜那(25=日本電産サンキョー)には、JOCと日本スケート連盟からそれぞれ500万円の報奨金が贈られ、団体追い抜きも個人でもらえることで、2種目の合計は2000万円。所属する日本電産サンキョーは前回ソチ大会で「1番(金メダル)=2000万円」の報奨金を設定。今回の金額は不明ですが、前大会と同じなら高木菜那は総額6000万円の“金メダル”ボーナスを手にすることになります。

清水氏は「本当、うらやましいですよね」としつつも、「正直、すごくもらっているなというイメージはあるんですが、足りないと思います。年間の活動費で考えてみますと、道具代とかトレーナーさん、コーチ費用とか、自分で出してます。そういった活動費に回っているのが実情です」とコメント。「継続的に出していく、もしくは計画がしっかりしているなら金融機関は無利息・無担保で借りられるような人生設計を含めて連盟がサポートするような支援が望ましい」と持論を展開しました。続きを読む