にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:スポーツ

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

【アメフト】 「大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」 日大教職員組合支部が声明

日本大学(危機管理学部・スポーツ科学部) (2018年版大学入試シリーズ)アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大教職員組合文理学部支部は24日、声明を発表しました。

声明は今回の問題を「競技反則のあり方にとどまらず、大学法人本部の危機管理能力欠如を露呈させている」と指摘。

アメフト部の内田正人前監督らの会見について、「司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」と批判しました。続きを読む

【アメフト】 日大会見 司会と報道陣が応酬 “日大ブランド” 落ちるに司会者 「落ちません」

日本大学(危機管理学部・スポーツ科学部) (2018年版大学入試シリーズ)アメリカンフットボールの定期戦(6日)で、日大の守備選手が関学大のQB選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた問題で、日大の内田正人前監督、井上奨コーチが23日、東京都千代田区の日大本部で緊急会見を行いました。

報道陣約250人が集まり、午後8時から始まった会見で2人は「(反則の)指示はしておりません」と22日に会見した日大当該選手と異なる説明を続けて約90分が経過。司会の男性が「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切ります」と切り出しました。

「もうやめてください」と強引に会見を打ち切ろうとする司会者に、報道関係者の一人が「日大のブランドがあなたの発言で落ちている」と指摘すると、司会の男性が「落ちません」と応酬。会場が一時混乱しました。続きを読む

【アメフト】 日大、監督の指示を否定 … DL宮川選手の会見受けファクス

映画 クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブックアメリカンフットボールの定期戦での悪質なタックルで、関学大のQB(クオーターバック)を負傷させた日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)が22日、都内で記者会見し、当該プレーは内田正人前監督と井上奨コーチの指示に従って行ったことを説明しました。

日大広報部は午後8時過ぎ、「宮川選手の会見について」というタイトルのファクスをリリース。

会見内容について、「会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」と、釈明しました。続きを読む

松本人志 「ケイスケホンダ」 もう1回行きたかったと

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)ダウンタウンの松本人志(54)が、「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」と発言したサッカー日本代表FWの本田圭佑(31)の胸中を推し量りました。

松本は20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、サッカーに関する話題から、本田が出演した14日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、「プロフェッショナルとは?」という恒例の質問に対し、長い黙考の後で「ケイスケホンダ」と答えた問題のシーンについて言及。

同番組を観ていたという松本は、「ケイスケホンダ」と答えた後で本田が、その回答に自ら説明を加えたことについて、「やっぱり『あれ? 違うな』って思ったんですかね。『うそうそ。タンマ、タンマ』っていうことやったんですかね」と推察。「絶対、本人はもう1回行きたかったと思う。もうワンパターンあったと思うんですよね」とおもんぱかり、笑いを誘いました。続きを読む

TBS安住アナ 関西学院大 本当は 「くわんせい」 … 「かんせい」 と読む理由を解説

局アナ 安住紳一郎TBS安住紳一郎アナウンサーが19日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、アメリカンフットボールの定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題を取り上げ、関西学院大学の「関西」を「かんせい」と読む理由を視聴者に伝えました。

番組では日大の反則行為について報じ、安住アナが「皆さん気になっていると思いますけれども、『かんせいがくいんだいがく』という読み方が正しいようで」とコメント。

安住アナは「元々、『かんさい』が呉音(ごおん)読みで、『かんせい』が漢音読みで。明治のころは『かんせい』の方がかっこいいということで」と、「かんせい」と読む理由を説明しました。続きを読む

松本人志 「謝らないから事が大きくなる」 悪質タックル問題、日大の対応にダメ出し

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が20日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演し、学生アメリカンフットボールの定期戦で日大の選手が関学大選手に悪質なタックルを行った件に言及しました。

日大の内田正人監督(62)らは6日に行われた試合での悪質プレーから13日経った19日、ようやく関学大側に正式謝罪。

松本は、「今回はアメフトでしたけど、最近のこの手のニュースは全部一括りにできると思う」と前置きし、「さっさと謝れよ、という話。謝らないから事が大きくなっている。最終的に謝るんだったら、最初から謝っときいよ、という話なんですよ」と話し、日大の対応が後手に回ったことを指摘しました。続きを読む

小柳ルミ子 FW中島翔哉の落選に驚愕 「スペシャリストがいて初めてポリバレントが活きる」

パスコースがない? じゃあ、つくればいい。: ルミ子の勝手にサッカー学ロシアワールドカップに向けた27人の日本代表候補メンバーが発表され、サッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子が、今季ポルトガルで大ブレイクを遂げたFW中島翔哉の名前がなかったことに違和感を訴えました。

小柳は、中島について、「結果を出しているし、アシストもしてる。人に使われる事も、人を使う事も出来、1人でも仕掛けられるドリブラーだ」とし、外れた理由が、『ポリバレント性がない』とされたことについても、「ポリバレント以前に【スペシャリスト】が必要なんじゃないだろうか」と反論。

「西野監督の選出理由は【経験値】だと仰った。しかし…経験値が豊富と言う事は、イコール=相手国にも分析 研究され尽くしていると言う事は否めない」と、今回のメンバー選出に不満を訴えました。続きを読む

【サッカー】 <イニエスタ報道> 三木谷浩史氏、笑って 「お金ないよ」

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸入りで合意したとの一部報道を受け、神戸の強化部門を統括する三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)は18日、「サッカー界ではこうした情報の錯綜(さくそう)は普通にあること。何も分からない」と明言を避けました。

三浦SDは、3年契約で年俸2500万ユーロ(約32億5千万円)の条件について「現実的ではない」と改めて強調。

16日にノエビアスタジアム神戸であったルヴァン杯・鳥栖戦で三木谷浩史会長と面会した際には「笑いながら『(獲得の)お金ないよ』と言っていた」と明かしました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク