にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:スポーツ

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

【フィギュアスケート銅メダル】 デニス・テンさん死亡 25歳

ファンタジー・オン・アイス2018 オフィシャルフォトブックカザフスタンの国際ニュース通信社「カズインフォルム」は19日、フィギュアスケート男子で14年ソチオリンピック(五輪)銅メダルのデニス・テンさん(25)が亡くなったことを報じました。

広報のイエナル・アキムクロフ氏は「不幸なことに、彼は我々とともには、もういられません」と声明を発表。

同氏は、テンさんが死亡したことについて会見を開くと明らかにしています。続きを読む

浅田真央、不誠実なタクシー運転手に激怒 「遠回りしていた、本当に許せなかった」

浅田真央チャリティBlu-ray『祈り』フィギュアスケーターの浅田真央(27)が18日放送の日本テレビ「PON!」に、姉でタレントの浅田舞(29)とともにVTR出演。最近、激怒したエピソードを明かしました。

2人でイベントに出演した後、お笑い芸人の永野(43)の直撃を受けた真央。健康に良くないと思いながらもついついやめられないことを聞かれると「姉とよくご飯行くんですけど、2人でいると楽しいのでついつい食べ過ぎちゃうんです。それがダメですね」と姉妹の仲良しエピソードを披露しました。

最近、激怒したことについては、タクシーで大切な打ち合わせに余裕をもって向かうも遅れてしまい、「着いたら、偉い方がお待ちになられていて…。タクシーの運転手さんがその時に遠回りしていたことに気づいたんです」と告白「タクシーの運転手さん、遠回りをするのは本当に良くないと思います。それはちょっと本当に許せなかったです」と怒りは収まらない様子でした。続きを読む

「ZOZO TOWN」 などを運営するスタートトゥディ社社長の前澤友作氏、プロ野球球団所有へ準備

月刊目の眼 2018年5月号ファッションサイト「ZOZO TOWN」などを運営するスタートトゥデイ社社長の前澤友作氏が17日、ツイッターを更新し、プロ野球球団を持ちたいという“大きな願望”をつぶやきました。

前澤氏はツイッターで「どうしても公言したい【大きな願望】があります」と投稿したあと、17日正午に再びツイート。「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです」と公言しました。

前澤氏は「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と今シーズン後に球団所有へ向け、動き出すと明言。2016年に千葉マリンスタジアムの命名権を買い取り「ZOZOマリンスタジアム」と命名しています。続きを読む

真野恵里菜 「柴崎岳さんと今月入籍致しました」

真野恵里菜 カレンダー 2018 ([カレンダー])サッカーW杯ロシア大会でベスト16入りした日本代表のMF柴崎岳(26)と今月末までに結婚することが明らかになっていた女優真野恵里菜(27)が16日、ブログを更新し、ファンに結婚したことを報告しました。

真野はブログで、「私事で大変恐縮ですが、この度、かねてよりお付き合いをさせていただいておりました柴崎岳さんと今月入籍致しましたことを、ご報告させていただきます」と報告。

関係者によると、2人は16年秋に知人の紹介で知り合い、昨年初旬までに交際に発展。今年に入ってから、周囲に結婚の意思を報告し、互いの両親にも伝えていたという。4月には「結婚の意思を固めた」と報道されましたが、2人の間では「W杯が終わるまでは結婚の具体的な話はしない」と決めていたとのことです。続きを読む

【サッカー】 明石家さんま 「ベスト16で帰ってきてブラジルみたいにブーイングされる国に早くなってほしいねん」

本人vol.11サッカーロシアW杯は大いに盛り上がり、芸能界でもベスト16に進出した日本代表の話題で持ちきりとなりました。

日本代表の健闘を称える声も多い中、明石家さんまは「『ワーッ、すごい! 胸張って帰ってきて』って言う人が多いんですけど、『君らはそれでええのか?』と思うねん」と指摘。

「ベスト16で帰ってきて、ブラジルみたいにブーイングされる国に早くなってほしいねん。これではサッカー界が伸びない。ベスト8でもブーイングされる国に早くなってほしいね。サッカーがもっと文化になって、日本がW杯でいつも上位に。ベスト8で悔やむ時代が来ないかなって…」と、これからの日本代表に期待を込めました。続きを読む

【高校野球】 白いブラウス、制服スカート姿の女子記録部員がマウンドに上がり伝令 福島大会で珍事、高野連が注意

夏の甲子園全試合記録BOOK 高校野球100年メモリー (M.B.MOOK)11日に福島県会津若松市のあいづ球場で行われた第100回全国高校野球選手権福島大会の2回戦で、制服姿の女子記録員が伝令としてマウンドに上がっていたことが分かりました。

県高野連などによると、珍事があったのは、連合チームの大沼・西会津・坂下・猪苗代・湖南と長沼の対戦。長沼はベンチ入り選手が9人だったため、影山高見監督が女子記録員(3年)を伝令に出しました。

県高野連の規則では伝令は選手が行うと定められており、高野連側は長沼に「次からは特例として捕手をベンチ前に呼んで伝えるように」と注意。女子記録員は普段は選手と一緒に練習し、女子部員登録もされていました。続きを読む

【フィギュアスケート】 羽生結弦の金メダルは 「作戦勝ち」「W杯ポーランド戦と似ている」 小塚崇彦の持論が物議 「比較対象にならない」

羽生結弦 国民栄誉賞への軌跡18年7月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、フィギュアスケート選手の羽生結弦(23)が国民栄誉賞を受賞したニュースを取り上げ、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(29)がゲスト出演しました。

小塚さんはまず、「オリンピック1回目(14年のソチ五輪では)優勝すると思っていなかった。で、2回目もけががあってから、2連覇している。あの時点で、僕は、悪いですけど、信じていなかったんですよ」と告白。司会者の東野幸治さんから「そんなに甘いもんじゃないと?」と聞かれると、「そう。ちゃんと積み重ねてきた人が優勝するだろうな、と思っていた」と発言しました。

続けて「彼の作戦勝ちですね。他の選手たちは時代の流れでどんどん難しいジャンプを入れていたんですけど、彼は難しいジャンプを抜いて、点数を求めたんです。かつ勝てるプログラムをやってきた」と説明。その上で、「という意味では、さっきのサッカーの話と似ているなと思ったんですよね。ポーランド戦で(一歩)引きながら決勝に進んでいったというのと」と持論を展開。

視聴者からは、「羽生さんは他力本願の勝負はしていない」「ポーランド戦の日本と平昌での羽生くんは全然違う!」といった声が上がっており、物議を醸しています。続きを読む

【サッカー】 乾、こじるりとの2ショットに感激 「むっちゃファンやったから嬉しい」

日本代表ロシアW杯ベスト16Memorial 永久保存版(フットボール批評増刊)サッカーW杯ロシア大会で2ゴールを挙げた日本代表MF乾貴士(30)が7日、自身のツイッターを更新。タレント、小島瑠璃子(24)との2ショットを公開しました。

乾は「小島瑠璃子さんに会えた しかも、わざわざ待っててくれて写真撮ってもらえたー!」とつづり、小島との写真をアップ。

乾は、両手でピースサインを作る小島の横で満面の笑みを浮かべており、「まじ優しい!むっちゃファンやったから嬉しい ありがとうございました!!」と喜びました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク