一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ
女優の遠野なぎこ(39)が、スーパーマーケットで若い女性の店員に対し男性客が激怒している場面に遭遇し、男性客への怒りとともに、制止できなかった自身の後悔をつづりました。

遠野は4日深夜にブログを更新。その直前に訪れたスーパーマーケットで「ジジイが、大声で怒鳴り散らしていました。『レジが遅い、人を呼べ、客が大事だろう』って。閉店間近な店内です。列も出来るし、店員さんも少ないのは当たり前です。そして、怒鳴り散らされた対象は若い女の子でした」という場面に遭遇。

しかし、「静かに様子をうかがっていました…正直、私も怖かったのです。…ごめんなさい、本音です。こんな時代です。いつ自分が被害者となるか、分かりません。何も言えずに、チラチラと見るしか出来ませんでした…今振り返ると、自分でも非常に情けなく悔しく思います」と反省。「帰宅して、怒りの感情がどんどん増幅します。あのクソジジイめ、何の落ち度もない若い女の子を傷つけやがって。マジでマジで、ふざけんな」と、男性客への収まらない怒りをぶちまけました。続きを読む