にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:テレビ

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】“岡山の奇跡" ファースト写真集 『桜井日奈子です。』

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅第25弾」 太川&蛭子最後のガチンコ旅はリタイア

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE俳優の太川陽介(57)とタレントの蛭子能収(69)が2日放送のテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅第25弾」に出演。2人による最後のガチンコ路線バスの旅、福島・会津若松~秋田・由利本荘のルートに挑むも、失敗に終わり通算成績は17勝8敗となりました。

最後の旅は、過酷なルートが設定され、山形・余目で太川がリタイアを決断し終了。

「(最後が失敗で)暗く終わっちゃうよね。まあ、失敗して終わるっていうのはこの番組らしいかな。よその番組ではあり得ないね。約10年この番組をやって、最初はこんな番組になるとは思わなかった。皆さんに応援して頂いたおかげで25回続きました。本当にありがとうございました」と太川があいさつし、固い握手で蛭子をねぎらいました。続きを読む

「紅白」 後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る

紅白歌合戦の舞台裏 誰もが知りたい紅白の謎と歴史昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、前半(第1部)は35・1%、後半(第2部)は40・2%を記録しました。

15年の後半は2部制になった1989年以降、歴代最低の39・2%。そこから1・0ポイント上昇し、2014年の42・2%以来2年ぶりに40%台の“大台"に回復しました。

視聴者審査は白組420万3679票、紅組252万7724票。会場審査も白組1274票、紅組870票と白組が圧倒。しかし、審査員票で紅組が逆転し、最終的なボールの数は紅組9個(審査員9個)、白組6個(審査員2個、視聴者審査2個、会場審査2個)で、紅組の2年連続勝利となりましたが、審査方法の分かりにくさに加え、不可解な演出に疑問の声も見られました。続きを読む

『なんでも鑑定団』 に国宝級のお宝登場 番組22年の歴史で最大の発見

いい仕事してます 「開運!なんでも鑑定団」スタジオライブテレビ東京系バラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』の20日放送回で、番組始まって以来のお宝が発見されたことがわかりました。

今回のお宝は、依頼人の曽祖父が明治時代に戦国武将・三好長慶の子孫の屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて大量の骨董を買い求めたうちに入っていたもの。第二次世界大戦時の空襲でほとんど焼けてしまったものの、郊外の資材置き場にしまいっぱなしになっていたことから難を逃れました。

その正体は、これまで世界に3点しか存在しないと思われていた焼き物、“曜変天目茶碗”。現存する3点はいずれも国宝に指定されており、幻の4点目の発見に、鑑定士の中島誠之助も大興奮の事態となりました。続きを読む

テレビ東京 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 太川陽介&蛭子能収、来年正月で卒業を発表

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE俳優の太川陽介と漫画家でタレントの蛭子能収が、毎回異なるマドンナ(女性ゲスト)を迎え、台本なし、仕込みなし、路線バスだけを乗り継いで3泊4日でゴールを目指すテレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の特別編が26日“土曜スペシャル”枠で放送され、番組の最後に太川と蛭子が来年正月の第25弾をもって卒業することが発表されました。

秋元玲奈アナウンサーから「ここで2人から重大なお知らせがあるんですよね?」と振られた太川は「僕達、太川陽介、蛭子能収は正月の第25弾を持ちましてこの番組から卒業させていただきます」と報告。

理由については「我々、沖縄しか残すところがないんです。もう全部行きつくしちゃって…もうルートがない」と説明し、残す最後のバス旅に向けて、蛭子は「それだけは絶対ゴールしたいですね」と奮起。太川も「頑張りましょうね。一生懸命やるしかないですから」と意気込みました。続きを読む

「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出

Tの讃歌日本テレビのバラエティ番組「ヒルナンデス!」の11月4日放送で、ロケ中に道を教えてくれた年配男性から「丁(てい)字路」という言葉が飛び出したことに、ロケメンバー一同で笑う一幕がありました。

陣内さんが「丁字路ですか?」と聞き返すと、男性は「丁字路」と断言。男性と別れた後、実際に道で丁字路に差し掛かるあたりで4人は「信号左曲がって『丁字路ね』」「もう丁字路」「“T(ティー)”字路だ」「(じゃなくて)“丁”字路」と連呼。最後に川上さんが「丁字路にもってかれて(道案内を)ちゃんと聞いてませんでしたね」というと、一同噴き出して丁字路のくだりを終えました。

「丁字路」は明治時代から使われている正式な言葉。ネットでは「丁字路は正しい日本語なのに『T(ティー)字路』の誤った表現だとして笑いの対象にしている」と、視聴者から「丁字路であってるよ」「おじいさんが気の毒だ」と批判が相次ぎました。続きを読む

テレ東・福田典子アナ、 『モヤさま』 狩野アナ後任に

モヤモヤさまぁ~ず2 大江アナ卒業記念スペシャル 鎌倉&ニューヨーク ディレクターズ・カット版テレビ東京の狩野恵里アナウンサー(29)が16日放送の同局系バラエティー『モヤモヤさまぁ~ず2 狩野アナ卒業SP inハワイ』で、2013年4月から務めてきた同番組アシスタントとしての出演最終回を迎えました。

番組では後任として同局の福田典子アナ(25)が三代目アシスタントを務めることが発表。

福田アナは元RKB毎日放送アナウンサーで今年8月1日付でテレビ東京に途中入社。来週(23日放送)から番組に出演する予定です。続きを読む

「嫌いなテレビ局」 を調査 ダントツだったのはあの2局

フジテレビ女性アナウンサー カレンダー 【2017年版】 17CL-0260かつて、メディアといえばマスメディアでしたが、インターネットやソーシャルメディアの普及により、メディアという言葉はすでにマスメディアのみを指すものではなくなりました。

ネットユーザーの中では、テレビや新聞の報道や番組に否定的な声も多くなっています。そこで「しらべぇ」が「もっとも嫌いなテレビ局」について調査。

男性の結果を見ると、「もっとも嫌い」という声が最多だったのはNHKで3割を大きく超え、2位はフジテレビが接戦で続く。女性は、ほぼ同率ですが、もっとも嫌われているのはフジテレビで、NHKが続く結果となりました。続きを読む

「 『マツコの知らない世界』 で名誉毀損」 出演者の元夫がTBSに約1100万円の賠償求める

マツコの知らない世界 -極めすぎた男たち 篇- [DVD]TBSのバラエティー番組「マツコの知らない世界」に名誉を毀損されたとして、神奈川県内の自営業の男性(59)が9日、TBSに慰謝料など約1100万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こしました。

訴状によると、番組は2月に放送。元妻がゲストとして出演し、収集したミニチュア玩具を紹介。番組の中で元妻は男性との離婚について話し始め、「結婚してから生活費を一切もらえなかった」との趣旨の発言が放送されました。

原告側は「人気番組での発言によって社会的評価が低下した。内容も虚偽なのに、テロップを付けるなどして面白おかしく編集して放送した」と主張。TBSは「訴状の内容を精査した上で対応を検討する」としています。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif



スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク