にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:ドラマ

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

『ゴチ』 新メンバーに田中圭 大杉漣さんの後継 「すごく光栄」 史上初のシーズン途中加入

AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン) Vol.40【表紙:田中圭】 [雑誌] (AERA増刊)俳優の田中圭(34)が日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画『グルメチキンレース ゴチになります!』に新メンバーとして加入することが、13日の番組内で発表されました。

この日はイタリアンの店を舞台に、ナインティナイン・岡村隆史らゴチメンバーとさっそくグルメレースに同席した田中。素顔を明かす前は、ホワイトタイガーのかぶりもので登場し、のっけからレギュラーメンバーを鋭い眼光でにらみつけ、中島健人に対してはキス寸前まで顔を近づけにらみ合うなど異様な出で立ちで、早くも存在感を醸し出していました。

ヒントVTRでは田中と大杉さんにまつわる意外なエピソードも披露され、端役が多く悩んでいた若手の頃、大杉さんが「僕は頂いたオファーに断る理由なんてないし、どんな役でもやる、それが役者だと思うんだよね」と語っている姿を目にし感銘を受け、役者としての覚悟を決めたと明かされました。続きを読む

『西郷どん』 西郷隆盛、突然のブラック化に困惑 … 説得力なさすぎる展開で視聴率もガタ落ち

西郷どん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第34回「将軍慶喜」が9日に放送され、平均視聴率は前回から1.3ポイント減の11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかりました。

『西郷どん』はこれまで、西郷を平和的な人物として描いてきました。西郷がなるべく戦争を避け、戦わずに解決する道を探ってきたのは、「諸外国が虎視眈々と日本を狙っている状況下で、もはや日本人同士が争っている場合ではないから」。

ところが、第34回で描かれた西郷は、とにかく「武力討幕」にこだわる人間になっており、「薩摩さえ助かればいい」と考えているようにも。先週の放送の説得力なさすぎる展開に、不満の声もあがっているようです。続きを読む

小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」 再び! 「東京ラブストーリー」 14年ぶり再放送

東京ラブストーリー Blu-ray BOX小田和正の楽曲「ラブ・ストーリーは突然に」が主題歌に採用された1991年のテレビドラマ「東京ラブストーリー」が、フジテレビ関東ローカルで9月14日(金)から28日(金)にかけて再放送されることが決定しました。

「東京ラブストーリー」は柴門ふみによる同名のマンガをドラマ化した作品で、織田裕二が演じる“カンチ”こと永尾完治と、鈴木保奈美演じる赤名リカを中心としたラブストーリー。

フジテレビで「東京ラブストーリー」が再放送されるのは2004年9~10月以来、14年ぶり7度目となります。続きを読む

安藤サクラ 「めっちゃ面白い」 次期朝ドラにドハマリ

百円の恋 [DVD]女優の安藤サクラ(32)が4日、都内で、主演する次期NHK連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート、月~土曜午前8時)の第1週6話の試写と会見に夫役で共演する長谷川博己(41)と出席しました。

安藤は当初、完成した作品を見るのが怖かったと言うが「タイトルバックだけと思って見たら1話を見てしまい、1話で終わりにしようと思ったら2話も見て、結局1週分見てしまって、めっちゃ面白いと思いました。はまりました」とコメント。

「まんぷく」は、インスタントラーメンを発明した夫妻の人生大逆転の成功物語となります。続きを読む

律が “ナレ離婚” !? 「半分、青い。」 が週明け早々大波乱で困惑と不満の声

連続テレビ小説 半分、青い。 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]9月3日放送の朝ドラ「半分、青い。」が驚きの展開を見せています。

前週土曜日放送回では、主人公・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみである萩尾律(佐藤健)が、ぎくしゃくしていた妻・より子(石橋静河)との関係を、たがいの本心を語り合うことで解決。ハッピーエンドとなっていました。ところがこの日の放送では、それからすでに2年が経過。海外赴任から戻ってきていた律は、何と離婚したことに。

しかも、律の離婚は廉子(風吹ジュン)のナレーションだけで離婚したことが視聴者に示されるという“ナレ離婚”で描かれており、ネット上でも「さすがに“ナレ離婚”はないわあ」「“ナレ離婚”とかトレンド入って、みんな怒りながら見てるんだろうな」「ほんと脚本が雑すぎる」など、困惑と不満の声が多数書き込まれています。続きを読む

【特撮】 好きな平成仮面ライダーは? 3位クウガ、2位W、1位は…

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ソードフォーム -20 Kamen Rider Kicks Ver.- 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア9月2日に『仮面ライダージオウ』の初回放送がテレビ朝日系列でスタートします。

『仮面ライダージオウ』は『平成仮面ライダー』20作品記念作。ジオウ最大の特徴は「すべての平成仮面ライダーの力を使うことができる」こと。平成最後のライダーにファンの熱い視線が注がれています。

そこでアニメ!アニメ!が、『仮面ライダージオウ』の放送を記念して、「平成仮面ライダー作品で好きなタイトルは?」と題した読者アンケートを実施。1位には、平成仮面ライダー第8作『仮面ライダー電王』が選ばれました。続きを読む

今季最高のドラマとの声も 『透明なゆりかご』 に見るNHKの矜持

小説 透明なゆりかご (上) (講談社文庫) 産婦人科は赤ちゃんが産まれるだけの場所ではない――。中絶や不倫の末の妊娠、母体死亡など、幸せな出産の裏にある陰に向き合うNHKのドラマ『透明なゆりかご』がSNS上で話題になっています。

「見るのに勇気がいる」「視聴後ねこそぎ気力を持っていかれる」など、重すぎるテーマを扱うがゆえの感想が見られる一方で「(だからこその)命の大切さを自分の子どもにも伝えていきたい」などの声も。

メディア研究家の衣輪晋一氏は、この人気を「救いようのない問題を、ドラマ的なケレン味を外しつつ、ドキュメンタリーであるかのように見せていくのは、民放ではなかなかできないこと。潤沢な制作費があり、スポンサー等のしがらみのないNHKだからこそのドラマだと言えます」と分析しています。続きを読む

吉岡里帆の 『ケンカツ』 (フジテレビ系)、なぜ4%台まで落ち込んでしまうのか

健康で文化的な最低限度の生活(FOD)吉岡里帆主演のの『健康で文化的な最低限度の生活』(火曜日午後10時 フジテレビ系)の視聴率がデッドラインの「5%」を割りこみ続けている、と話題となっています。

物語は──東区役所の生活保護担当部署に配属された新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)が主人公。一筋縄ではいかない社会的貧困問題に直面し、奮闘するケースーワーカーのえみる、そして職場の同僚たち。脇には井浦新、田中圭、徳永えりら、今注目の役者がズラリ揃っています。

原作も役者もメンツが揃っていて、いったいなぜ「4%台」まで落ち込んでしまうのか?記事では、「『ケンカツ』は、「時の人」ともいえる吉岡里帆と田中圭の持ち味が発揮しようのない、かっちりとした役柄で、そのあたりをよく吟味してキャスティングして欲しかった。今回の数字は、役者さんのせいというよりも制作サイドの課題ではないでしょうか」と分析しています。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク