世界に一つだけの花
歌手の槇原敬之が26日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。平成最大のヒット曲「世界に一つだけの花を」を歌唱し、ネット上のSMAPファンを巻き込み大反響が起きています。

5月1日から新元号「令和」が始まるため、この日の放送が「平成」最後の放送となった同番組。平成時代のシングル売上1位を記録するSMAP楽曲「世界に一つだけの花」(平成15年)の作詞作曲を務めた槇原が出演しました。

司会を務めるタモリが「SMAPにね、作って」とSMAPの楽曲として作詞作曲したことを尋ねると、槇原は「そうですね。SMAPがいたからこそ生まれた曲というか、はい、彼らがいなかったら生まれなかった曲だと思います」と自身の心境を率直に述べ、「大勢で歌うために作った曲なので、もともと。良かったら皆さんも一緒にお願いします」と共演陣に呼びかけました。続きを読む