クライマーズ・ハイ (新価格) [DVD]
人気コミック『空母いぶき』の映画化に際して行われた、佐藤浩市のインタビューでの発言を巡り、論争が巻き起こっています。

タレントのフィフィは、この炎上の原因について、佐藤が「《最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね》と、自ら「体制側」という言葉を用いてしまったことが大きいと思う」と持論を展開。

「でも、そもそも本来であれば、人間としてのモラル的に、どんな背景があろうと身体の特徴や病気を揶揄(やゆ)するということに対しては、疑問を持つべき」としました。続きを読む