にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:作家

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

『キングスマン』原作者、堺正章を語り出す 海外の「西遊記」ファンたちから歓喜の声「モンキー・マジック!」

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)映画『キングスマン』や『キック・アス』シリーズの原作者として知られるマーク・ミラーが、堺正章についてTwitterで突然語り始めました。

ミラーは「『西遊記』で孫悟空を演じたマサアキ・クリハラは今も健在で、元気で、演技をしていて、カーレースにも参戦していて、72歳だが今も自分のバンドで歌っている」と写真付きで堺の近況を報告。

堺が孫悟空役で1970年代後半に主演したテレビドラマ「西遊記」はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドをはじめとした海外でもカルト的な人気を誇っており、今年1月にもNetflixがオーストラリアやニュージーランドのテレビ局と組んで制作したリメイク版(「孫悟空の遊勇伝」)が放送されています。続きを読む

鈴木おさむ 激怒!妻の大島美幸が一般男性から侮辱行為受ける

ママにはなれないパパ森三中大島美幸(38)の夫で放送作家の鈴木おさむ氏(46)が、妻が一般男性から受けた無礼な振る舞いを明かし「さすがに、腹立ってしまいました」とつづりました。

鈴木氏は22日更新のブログで、前日家族で横浜の中華街を訪れた際に「イラっときたことがありました。お店を出た後に、妻と息子と歩いていたら、一人の中年男性が『あ、大島--』と言ってスマホを出して写真を撮影しようとしました」と書き出し、その男性は5メートルほど離れた場所にいたため、「うちの妻にカメラ向けたまま、『遠い』と思ったんでしょうね。なんと、スマホ片手に、もう片方の手で『こい、こい』ってポーズをしたのです」という。

その行為に鈴木氏は「えーーーーーーーー!?? 勝手にスマホを向けといて、しかも『こい、こい』って。子供もいるし」と不快感をあらわにし、「妻は笑って許してましたが、さすがに、腹立ってしまいました。いいですよね。腹立っても。世の中には色んなモラルの人がいるなーーー」とつづりました。続きを読む

鈴木おさむ氏、電車内で息子が騒いでしまい若い女性に睨まれ「難しいな…」女性の心情にも理解を示す

ママにはなれないパパ森三中・大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむ氏が15日のブログで、子連れでの電車移動でのトラブルについて明かしました。

先日、入谷の朝顔市に大島と息子の笑福君(3歳)、友人家族と一緒に地下鉄で出かけた時のこと。友達と一緒だった笑福君が車内で「結構、声出しまして」、「もちろん妻も何度か注意をしてますが。」と大島も静かにするように何度か注意をしたという。

しかし、「目の前に座ってた若い女性が、多分、うるさいと思ったんでしょうね。出るときに、僕にかなりの睨みをきかせて出て行きました」と電車を降りる時に、目の前に座っていた女性にかなりにらまれてしまったことを明かし、にらんだ女性の心情にも理解を示しつつ、「いや、難しいなと」と思いを綴りました。続きを読む

銀座に務めていた岩下尚史氏、アルマーニ小学校に 「気取りたいなら英国王室御用達の方が」 と皮肉を飛ばす

大人のお作法 (インターナショナル新書)作家の岩下尚史氏が13日、TOKYO MXの生番組「5時に夢中!」に出演し、東京・銀座の中央区立泰明小学校の校長がイタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインした総額約8万円の標準服を今春から導入すると決定し物議をかもしていることについて、「気取りたいなら英国の王室御用達の方が銀座の老舗の小学校らしい」と皮肉を飛ばしました。

「若い頃、銀座に務めていました」という岩下氏は「周りって泰明出てる人たち、おじさんやおばさんはいらしたけど、その頃から何となく自慢そうではあったわ。泰明を出たってことは」と、泰明小がブランドであることを説明。

「校長先生のおっしゃる意味は分かるんですよ、ウチは特別な小学校なんだから、よそとは違うと言うことなんだけどさ、アルマーニというのが分からないんですよ。さほど老舗でもないでしょ」と指摘。「気取りたいならさ、英国の王室御用達のギーブス&ホークスとかさ、ヘンリー・プールとか、そっちの方が銀座の老舗の小学校らしいって言えばらしい」と英ロンドンのサヴィル・ロウの老舗テイラーの名を挙げてツッコみました。続きを読む

【あたしおかあさんだから】 絵本作家、のぶみ氏、歌詞内容への批判の声に釈明

ママがおばけになっちゃった!「ママがおばけになっちゃった!」などの作品で知られる絵本作家のぶみ氏(39)が、自身が作詞を手掛けた「あたし、おかあさんだから」の歌詞内容に対する批判の声があがったことを受け、真意を説明しました。

「あたし-」は、のぶみ氏が作詞を担当し、NHKEテレの「おかあさんといっしょ」でうたのお兄さんを4月まで務めた歌手横山だいすけが歌唱を担当。Huluで配信中の横山の冠番組「だい!だい!だいすけおにいさん!!」で放送されたところ、母親について歌った歌詞の内容に賛否が巻き起こりました。

のぶみ氏は5日にフェイスブックを更新。「批判の内容を見てみると あたしおかあさんだからガマンしたことを歌詞にしていると書いてある」と批判の声に触れ、「僕としては、あたしおかあさんだから体験できたことを歌詞にしてます」と説明。また、「歌詞の内容で僕がおかあさんたちってこうなんでしょって想像で決め付けて書いてることは、1つもないよ」と釈明し、「これは、元々ママおつかれさまの応援歌なんだ」と綴りました。続きを読む

乙武&ホリエモン、週刊文春の不倫報道バッサリ 編集長の弁明は 「ダサい」

初歩的な疑問から答える NPOの教科書作家の乙武洋匡氏が3日、都内で行われた実業家の堀江貴文氏が主催する分散型都市フェス『ホリエモン万博』内のイベント「怒涛の講演会」に登場。冒頭で「不倫のこと話しますか?」と切り出した乙武氏は、堀江氏とともに昨今の週刊誌による“不倫報道”を厳しい口調で断じました。

乙武氏は、1月27日に行われたカンニング竹山と『週刊文春』編集長の新谷学氏によるトークイベントについて触れ「新谷さんが初めて顔出しをされていて、ちょっとだけ見たんですけどビックリしちゃって…。例の小室(哲哉)さんの報道からの、世間のバッシングにも触れていた。それに対する(新谷氏の)弁明がクソダサくて、かいつまんで言うと『あんな反応になると思ってなかった。本人の介護のこともあって…』とかぬけぬけと言っているんです」とバッサリ。

また、乙武氏は、週刊誌への“反撃”を考えているといい「クラウドファンディングで『週刊誌、嫌だよね。懲らしめたいよね』と思っている人たちから出資してもらって、そのお金で探偵を雇って、文春か新潮かターゲットを決めて、ずっとひとりの編集員を尾行するんです」とニンマリ。「ある程度してから、そのことを宣言したら、見張られているっていうことに戦々恐々するかなと。『お前ら、見張られているっていうのはこういうことなんだよ』というのを味わっていただくのもいいのかな」と語りました。続きを読む

乙武洋匡氏 生活保護削減に異議 「ケチる社会ではあってほしくない」

社会不満足 ―乙武洋匡 対談20日、作家の乙武洋匡氏が自身のTwitter上で、政府が進める生活保護削減に異議を唱えました。

乙武氏は「政府 生活保護費を3年間で160億円削減へ」と題した、「NHK NEWS WEB」の記事を取り上げ、「セーフティーネットが充実している国こそ、人々はチャレンジするようになり、消費も活性化していくものだと思うのだけど、日本はその逆を行っているよなあ」と苦言。

続けて、未受給者にとって生活保護は「保険」だと説き、「そこ(セーフティーネットとしての生活保護)をケチる社会ではあってほしくないなあ」と漏らしました。続きを読む

小倉智昭 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏に言及 「日本人にカウントしていいか」

おとな時間―フジテレビ「お台場オトナPARK」オフィシャルブック (ぴあMOOK)6日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭が、今年のノーベル文学賞を受賞した作家のカズオ・イシグロ氏に言及しました。

5日、日系イギリス人のイシグロ氏が2017年のノーベル文学賞を受賞。イシグロ氏は長崎県出身で、5歳のときに家族とイギリスに移住。その後、同国の国籍を取得したという。

イシグロ氏の受賞に小倉は、「カズオ・イシグロさんもイギリス人ですよね、今は。日本人にカウントしていいのかどうかっていう…」と口にし、米国で活躍する外科医の加藤友朗氏は、イシグロ氏が幼少時にイギリス移住し、そのままイギリス人としての教育を受けてきたことを紹介。「バックグラウンドに日本があるっていうのはとっても日本人として誇らしいことですけど」としつつ、「やっぱり日本人としてカウントできないんじゃないですかね」とコメント。

そこで小倉は、「ただ、(イシグロ氏は)ご自分で、『川端康成さん、大江健三郎さんに続いて3人目の受賞になるんで』っておっしゃったんですよね?」と食い下がり、イシグロ氏自身が作家になるにあたって、「日本人意識ということがあったのはよかったのではないか」と語っていたことに触れました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク