にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:作家

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】浜辺美波写真集 voyage

小倉智昭 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏に言及 「日本人にカウントしていいか」

おとな時間―フジテレビ「お台場オトナPARK」オフィシャルブック (ぴあMOOK)6日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭が、今年のノーベル文学賞を受賞した作家のカズオ・イシグロ氏に言及しました。

5日、日系イギリス人のイシグロ氏が2017年のノーベル文学賞を受賞。イシグロ氏は長崎県出身で、5歳のときに家族とイギリスに移住。その後、同国の国籍を取得したという。

イシグロ氏の受賞に小倉は、「カズオ・イシグロさんもイギリス人ですよね、今は。日本人にカウントしていいのかどうかっていう…」と口にし、米国で活躍する外科医の加藤友朗氏は、イシグロ氏が幼少時にイギリス移住し、そのままイギリス人としての教育を受けてきたことを紹介。「バックグラウンドに日本があるっていうのはとっても日本人として誇らしいことですけど」としつつ、「やっぱり日本人としてカウントできないんじゃないですかね」とコメント。

そこで小倉は、「ただ、(イシグロ氏は)ご自分で、『川端康成さん、大江健三郎さんに続いて3人目の受賞になるんで』っておっしゃったんですよね?」と食い下がり、イシグロ氏自身が作家になるにあたって、「日本人意識ということがあったのはよかったのではないか」と語っていたことに触れました。続きを読む

【ノーベル文学賞】 村上春樹氏、今年も受賞逃す。元日本国籍の英国人小説家のカズオ・イシグロ氏が受賞

職業としての小説家 (新潮文庫)ノーベル文学賞が5日午後1時(日本時間午後8時)、スウェーデンアカデミーから発表され、英国人小説家のカズオ・イシグロ氏が受賞し、残念ながら今年も村上春樹氏(68)は受賞を逃しました。

2006年にノーベル賞の登竜門といわれるチェコの文学賞「フランツ・カフカ賞」を受賞して以来、ノーベル賞発表シーズンになると、作品が世界50言語以上に翻訳されている村上氏は毎年のように名前が挙がっています。

15年はベラルーシの女性ジャーナリスト、アレクエーシビッチ氏、16年は米歌手ボブ・ディラン氏が受賞し、文学の枠にとらわれない選考が続いていましたが、アジア圏の受賞者は12年の莫言氏(中国)を最後に4年間出ていないことから、今年は期待が高まっていました。続きを読む

乙武洋匡氏の現在を遠野なぎこが一刀両断 「旅すりゃ自分って見つかるんすか?」

摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。4日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、女優の遠野なぎこが、作家の乙武洋匡氏の行動に苦言を呈しました。

番組では、乙武氏の現状を報じた週刊誌「女性セブン」の記事を取り上げ、記事によると、乙武氏は海外に目を向け、イギリスを拠点にヨーロッパ各地を回っているという。

遠野は乙武氏の現在について「もうずっと自分を探し続けてりゃいいんじゃないすか、この人」「永遠に探してりゃいいんですよ」と一刀両断。厳しい意見に共演者たちが驚く中、遠野は「旅すりゃ自分って見つかるんすか? そんな単純?」と疑問を投げかけました。

漫画家の倉田真由美氏が「乙武さんについて厳しいですね」と指摘すると、遠野は「乙武さん嫌いですもん」と間髪をいれずに答えて、嫌悪感をあらわにしました。続きを読む

古市憲寿氏 韓国・ソウルで“慰安婦像バス”に乗車 「乗客の9割は無関心か像にそもそも気づかない」

だから日本はズレている (新潮新書 566)社会学者で作家の古市憲寿氏は現在、韓国・ソウルを訪れており「たまたま乗ったのが慰安婦バスでした」とツイッターで報告しました。

15日の『古市憲寿(poe1985)ツイッター』には、バスの車内シートに座る慰安婦像の写真に「日本大使館前を走る151路線で、期間限定で5台走っているとのことです」「乗客の9割は無関心か像にそもそも気づかない、1割は気付いて写真を撮ったりしていました」と説明。

この像を乗せたバスは来月30日までの運行予定で、ソウル市のパク・ウォンスン(朴元淳)市長もこのバス会社の取り組みを評価しているという。なお菅義偉官房長官は、14日に出演したテレビ番組で、「極めて残念。あってはならないこと」と不快感を示しました。続きを読む

推理作家・西村京太郎氏 「報道ステーション」で、日本人がその国民性からして「戦争に向いていない」と断言

十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」10日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、推理作家の西村京太郎氏が、日本人がその国民性からして「戦争に向いていない」と断言しました。

番組では、ノンフィクション作品『十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」』発売を機に、著者の西村氏がVTR出演し、自身の戦争体験を振り返りました。

当時の悲惨な体験から、西村氏は「日本人は戦争に向いていない」と悟ったそうで、西村氏はVTRで「現代戦争ってね、生き延びなくてはいけない」と語り、一方、西村氏は日本人が「死ねばいいんじゃないか」と考えてしまうため、戦争に根本的に向いていないのだと解説しました。続きを読む

室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に疑問を呈す 「迎撃したらいいってものじゃない」 「破片が飛んできて危ない」

プチ美人とお金10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘しました。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明。10日には「ミサイル4発が同時に発射され、日本の島根、広島、高知の上空を通過しながら、グアム周辺30~40kmに着弾する」と、具体的な計画を明らかにしました。

スタジオでは、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一氏が、PAC3は移動型のため、北朝鮮のミサイルが飛行するであろう地域に持っていき、仮にミサイルが日本に飛んでくることになれば、迎撃することができるだろうと解説。すると室井氏が「でも迎撃ってしたらいいものじゃなくて」「下に地面がある場合って、破片がどこに飛んでくるかも分からないですよね」「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ないってことですよね」と疑問を呈しました。続きを読む

「乙武洋匡」 元夫人、乙武氏と愛人を提訴 『ワイドナショー』 出演で

社会不満足 ―乙武洋匡 対談作家の乙武洋匡氏(41)とその不倫相手を、昨年9月に離婚した元夫人の仁美さんが提訴したと「週刊新潮」が報じています。

引き金となったのは、昨年11月27日の『ワイドナショー』(フジテレビ)に、乙武氏がVTR出演したことで、離婚する際、ふたりはその経緯については一切他言しない取り決めをしており、また、放送で乙武氏が話した離婚理由が違うとのこと。

仁美さんは「週刊新潮」の取材に対し、「提訴したのは事実ですが、今、私のほうから申し上げることはありません」と話しています。続きを読む

室井佑月 「本当に頭がいい子の机の上はぐちゃぐちゃ」 子どもの才能が伸びる片付け術に疑問

プチ美人とお金7月26日放送のバラエティー「バラいろダンディ」(TOKYO MX)の中で、「週刊女性」の「子どもの才能が伸びるお片付け」という記事を特集し、コメンテーターの室井佑月が「この記事自体、嘘とは言わないけど、極端だと思う」と異を唱えました。

番組では、まず綺麗になった部屋でどんなことをしたいか子どもとイメージし、部屋のものをすべて出します。使うもの・使わないものをリズムよく分類し、使うものを「学校」や「塾」など用途に合わせて収納。これだけで、子どもの集中力や判断力が成長すると書かれた内容を紹介し、室井は「私が知ってるすっごい頭がいい子、麻布中学に行くような学級委員長をやるような子の机の上は、ぐちゃぐちゃ」と反論。

息子の友人を例にとり、「きれいに収納する子は、(成績は)そこそこ。真ん中より上くらい。普通よりはいいんじゃないかって子が、すごいきれいにしてたりする」「だけど、寮の部屋でも頭がいい子の机周りは結構ぐちゃぐちゃ」と持論を展開しました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク