にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:俳優

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】永野芽郁 1st写真集「moment」

松坂桃李の謎こだわり バスタオルを毎日洗う女性とは 「結婚できない」 !?

ダ・ヴィンチ 2019年6月号
人気俳優の松坂桃李(30)が16日、バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演。「結婚したい」との思いとともに、「細かすぎる結婚の条件」を明かしました。

11か条が結婚相手として「嫌」だという特徴で、「くしゃみをするときかわいい音を出す子」「自分がスポーツジムでトレーニングしている様子をSNSにアップ」「焼肉で頻繁に店員に網を替えさせる子」といったもの。

一方で、「これだけは譲れない」という理想の相手の特徴としては、「ケガをしたときのため常に絆創膏を持っている子」「手の甲にメモを書いている子」「寒い冬の日に、男側のコートのポケットに手を入れてくる子」の3点を挙げて、ツイッターで注目されたのは、嫌な相手の特徴のひとつとして挙がっていた「1回使っただけでバスタオルを洗いたがる子」でした。続きを読む

フィフィが考える 「佐藤浩市の首相揶揄発言」 が炎上した理由

クライマーズ・ハイ (新価格) [DVD]
人気コミック『空母いぶき』の映画化に際して行われた、佐藤浩市のインタビューでの発言を巡り、論争が巻き起こっています。

タレントのフィフィは、この炎上の原因について、佐藤が「《最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね》と、自ら「体制側」という言葉を用いてしまったことが大きいと思う」と持論を展開。

「でも、そもそも本来であれば、人間としてのモラル的に、どんな背景があろうと身体の特徴や病気を揶揄(やゆ)するということに対しては、疑問を持つべき」としました。続きを読む

黒沢年雄 「若い部分、許してやって」 佐藤浩市批判の百田尚樹氏に懇願

ゆかいなじいちゃん/酒とバラの日々に  
俳優の黒沢年雄(75)が14日、自身のブログを更新。10日発売の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている俳優の佐藤浩市(58)のインタビューが「安倍晋三首相の持病をやゆしている」などと批判されている問題に言及し、「佐藤君を大目に見てやって下さい」と懇願しました。

黒沢は「話題の佐藤浩市」のタイトルで記事をアップ。

「世の中いろんな人がいるからこそ、面白いし、楽しい。思想もそう…」と前置きした上で、「時代に産まれ育った人間で変わってくる人もいる…だから今回の佐藤君の安倍総理に対すると思われる揶揄とも取られる発言は、まだ彼が若い部分があるという事で許してやって下さい」とつづりました。続きを読む

顔面が整い過ぎていると思う俳優ランキング 3位に竹野内豊 2位は福山雅治

GACKT PLATINUM BOOK ~Private Treasures~(超豪華本) ([バラエティ])
芸能界には星の数ほどイケメンが存在します。そこでgooランキングが、顔面が整いすぎていると思う俳優について調査、発表しています。

1位は、シンガーソングライターであり、俳優としても活動するGACKT。生活感が一切感じられない、浮世離れしたミステリアスな雰囲気が魅力的。神秘的で端整な顔立ち、高い鼻、シャープなフェイスライン、陶器のようなキメ細やかな肌はまるで彫刻のようです。

2位は、シンガーソングライター、俳優として活躍している福山雅治。整った顔立ち、爽やかなルックスでデビュー当時から大人気。つぶらな瞳と控えめな口元はとても上品で、顔全体のバランスが良いことから、顔が整っていると感じている人が多数です。続きを読む

阿部寛公式HPの写真更新、 “爆速” は変わらず

下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX
俳優・阿部寛(54)の公式ホームページに変更が加えられたと、話題を呼んでいます。

シンプルさゆえの爆速表示で知られる阿部寛の公式ホームページ。そのトップページに鎮座する阿部の画像が最新のものに変更されたようです。

ネットでは「阿部寛のホームページの画像が変わった!」「ちょっと重くなった気がする」「相変わらず速いってw」「平成最後の大ニュース」といった声が上がっています。続きを読む

「品行方正な芸人は要らない。道徳が支配する国に芸術や文化は育たない」 舛添要一氏、ピエール瀧や新井浩文を擁護して批判殺到

東京を変える、日本が変わる
前東京都知事の舛添要一氏(70)が14日、3月12日に逮捕された俳優のピエール瀧容疑者(51)について、自身のツイッターアカウントで言及しています。

舛添氏は、「品行方正な芸人に魅力はない。ピエール瀧、新井浩文、勝新太郎。芸人はマージナルマンである。だから、常人に不可能な創造ができる。面白くもないエンタメは定義矛盾だ。品行方正でもやぶな医者は要らない。芸人も同じ。道徳が支配する国に芸術や文化は育たない。勿論犯罪を称賛しているのではない」とツイート。

元都知事の発言ということもあり、リプライ欄には「最後の一文があればなんでも言っていいって訳じゃない」と、批判が相次いでいます。続きを読む

キムタク、人生最高の一品は 「シカの生レバー丼」

ギフト Blu-ray BOX(特典なし)
俳優の木村拓哉(46)が、3月9日に放送されたバラエティ番組「人生最高レストラン」(TBS系)に出演。人生最高の一品として「根室で食べたシカのレバー丼」を挙げました。

木村がドラマ「南極大陸」(TBS系)のロケで北海道・根室にいた頃、知人のハンターがたった今仕留めてきた鹿を「差し入れしようか?」と、その場でナイフを使ってババババッとさばき始め、生のレバーをそいでナイフの上に乗せて「これね、今しか食べられないから」と勧めてきたという。

木村は「ナイフも怖いし、乗っかってるものもちょっと怖いし……クンクンってかいだら一切臭みないんですよ。今しか食えないものだろうし、いただいたらめっちゃ甘いんですよ」と話し、その後、そのレバーを白いご飯の上に乗せ、にんにくみりん醤油をかけ、真ん中に白髪ねぎを乗せた「シカのレバー丼」が今まで食べた品でNo.1だと語りました。続きを読む

野村周平 広瀬すずと食事も 「付き合ってないです」 プライベート2ショットに反響

野村周平 ファースト写真集 『 side 』
俳優の野村周平が28日、自身のTwitterを更新。映画『ちはやふる』シリーズで共演した、女優の広瀬すずとの2ショットを投稿し、反響が寄せられています。

野村はこの日、広瀬との仲睦まじい2ショットを投稿し「この間ご飯食べましたが。みなさん勘違いしないでください。付き合ってないですし。ただの友達です」と広瀬との関係についてコメント。

「なつぞら僕もみます。本当に申し訳ありません」と、広瀬が今春からヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」についてふれながら、謝罪で締めくくりました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク