捨て本東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への出馬情報が浮上している実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(47)が、新著「東京改造計画」を告示直前に緊急出版します。

副題に「コロナ時代の新しい首都のカタチ」のコピーが躍り、東京都への緊急提言37項で構成。経済政策では「満員電車は高くする」「現金使用禁止令」「メトロと都営地下鉄の合併・民営化」「江戸城再建」「東京五輪はリモート競技に」などを挙げています。

教育・社会保障では「オンライン授業促進」「大麻解禁」「ジジ活、ババ活で出会い応援」などギョッとする政策も。堀江氏が過剰な自粛政策に異を唱える新型コロナ対策では「経済活動を再開せよ」と一刻も早い自粛解禁を訴えています。続きを読む