誰の味方でもありません (新潮新書)
日本テレビの人気報道番組「真相報道 バンキシャ!」で、司会者である福澤明アナウンサー(55)が、コメンテーターとして出演していた古市憲寿(34)に対して、生放送中に不快感をあらわにする一幕がありました。

福澤アナが不快感を示したのは、2019年4月14日に放送された「真相報道 バンキシャ!」の終盤のシーン。新たに発行される予定の新紙幣のデザインについてトークしている最中のこと。

古市は新紙幣のデザインに対して「凄くダサい」「勝手に決められたって感じしません?」と一蹴。それに対して福澤アナは「いつまでも反抗期ですね」と話し、最後に「しばらく会いたくない」と不快感をあらわにして番組を終えました。続きを読む