にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:大河ドラマ

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】永野芽郁 1st写真集「moment」

NHK 大河の鮮やか衣装 「時代考証に基づいています」 目がチカチカ指摘に

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全読本 (NIKKO MOOK)NHKが22日、東京・渋谷の同局で定例会見を開き、19日にスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」について、木田幸紀総局長は「大変いいスタートが切れた。2週間遅れたにも関わらず、多くの方にみていただけた。私も手応えを感じています」と語りました。

描かれた山野の色や、明智光秀を演じる長谷川博己ら出演者の鮮やかな色の衣装などについて、一部に「目がチカチカする」との批判があることに、制作幹部は「さまざまなご意見をいただいています」とコメント。

鮮やかな衣装については「時代考証に基づいています」と説明しました。続きを読む

麒麟がくる、極彩色に賛否 「明るい」 「目チカチカ」

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(主演長谷川博己)が19日、スタートした。極彩色の世界観に、ネット上では「明るくていい」「目がチカチカする」など賛否が寄せられました。

主人公の明智光秀は青や緑、斎藤義龍(伊藤英明)は赤など登場人物は原色の衣装に身を包み、農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。

黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影が映えるビビッドな色遣いを実現。制作統括の落合将チーフ・プロデューサーは「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ているという時代考証に基づいて演出している」としています。続きを読む

三谷幸喜氏 22年大河 「スネに傷の俳優さんは断って」 「過去最低は更新しない気持ち」

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間2022年のNHK大河ドラマに小栗旬主演の「鎌倉殿の13人」が決まったことが8日、同局から発表されました。

昨年放送された大河ドラマ「いだてん」で視聴率1桁が続きましたが、脚本を手掛ける三谷幸喜氏は、「数字はあまりこだわっていない。面白いものを作るのが使命だと思っている。過去最低視聴率の更新はしないという気持ち」。

しかし、「でも、面白いものをつくっても誰も見てくれなければ、その作品は存在しないのと一緒。少しでも多くの人に見て頂きたい。最低を更新しないと言いましたが、最高視聴率を更新したいと思っています」と目標を設定しました。続きを読む

NHK総局長 クドカンに 「もう1度、大河に挑戦を」 …今度は 「わかりやすく」

いだてん 完結編 (3) (NHK大河ドラマ・ガイド)NHKが18日、東京・渋谷の同局で定例会見を開いた。木田幸紀放送総局長は、大河史上ワーストの全話平均視聴率8・2%で終わった大河ドラマ「いだてん」について、出演者の不祥事などが続いたことを念頭に「この1年いろいろなことがあり、ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

内容に関しては「見応えがあった。今までになかった大河。最後までそれを追求していただいた。その努力を評価させていただきたい」とコメント。

一方で「視聴率が上がらなかったのは残念ですが、(脚本の)宮藤官九郎さんが切り開いてくださったものはNHKの財産」と語り、個人的な思いとしたうえで「機会があれば、もう一度、大河に挑戦していただけないか」と再チャレンジに期待。「その際には、もうちょっとわかりやすく描いていただければ」と述べました。続きを読む

自粛中の徳井 「いだてん」 熱演15分放送される 「徳井で泣いた」 「これはカットできない」

NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第1部1日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」で、申告漏れと所得隠し問題で活動を自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)の熱演シーンが前後半の要所で計約15分にわたって放送されました。

徳井は、1964年東京五輪で東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールを率いて金メダルを獲得した大松博文監督役。1日の放送の終盤では、再び説得に訪れた田畑に大松監督が、これ以上選手たちの青春を奪えないと切実に訴えるシーンや、選手の思いを受け、最後は再び名セリフの「俺についてこい!」を叫ぶ場面などが描かれました。

1日の放送後、ネット上では「徳井のシーンで今日は一番泣いた」「いい役だ」との感想が相次ぎ、「カットは出来んわ」「これは確かにカットされてはいけない」「徳井はずすのムリなわけだわ」と放送に理解を示す声も。一方で「徳井もいい演技するのに、何でまたあんな事になっちゃったのかなぁ」と残念がる声もみられました。続きを読む

大河ドラマ 「麒麟がくる」 沢尻の代役は川口春奈 「気高さと強さを」

九月の恋と出会うまで (豪華版) [DVD]女優の沢尻エリカ容疑者(33)が出演予定だった来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜午後8時)について、NHKは21日、代役を女優川口春奈(24)が務めると発表しました。

NHKは「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考えた」と起用理由を説明。また、沢尻は正式に降板し、川口は初回から登場。川口は時代劇初挑戦という。

関係者によると、制作現場は、12月初旬には撮り直しを始めて、何とか1月5日の放送開始日に間に合わせる意向という。演じるのは準ヒロイン的な存在で、ほぼ1年間登場する役。同時に知名度もある女優を求めていたとされます。続きを読む

大河 「麒麟がくる」“代役”絞られた!候補女優は数人、時代劇経験重視 今週中に決定へ

ゼロの焦点来年1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の代役候補が数人に絞られていることが判明しました。

沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕により、放送開始の延期も現実味を帯びている大河ドラマ「麒麟がくる」。代役探しは難航するものと予想されましたが、すでに候補が数人にまで絞られていることが分かりました。関係者によると、今週中に代役を決定し、来月から出演シーンを撮り直す方向で調整しているという。

代役について、関係者は「すぐに撮影に入る必要があるため、時代劇の経験がある人。所作を一から身につける必要がある女優さんは難しい」とその条件を明かしました。候補に挙がるのは、10年の大河ドラマ「龍馬伝」に出演した蒼井優(34)や広末涼子(39)ら。関係者は「話題性なら山里亮太さんと結婚した蒼井さん、格を重視するなら広末さん。大河4作に出演経験がある貫地谷(しほり)さんも取り沙汰されている」と語っています。続きを読む

沢尻容疑者の大河ドラマ収録分そのまま放映して 著名人がSNS上で呼び掛け

明智光秀ゆかりの地を歩く沢尻エリカ容疑者(33)が逮捕されたことで、来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の現場が大混乱に陥っている中、SNS上では沢尻の出演した収録分の放送を望む声も出ています。

女優の東ちづる(59)は自身のツイッターで「大河ドラマ『麒麟がくる』の予定通りの放映を望みます。必要なのは、本人の依存症の治療と、私たちの違法〇物の有害性と依存症の正しい知識です」とツイート。

社会学者の古市憲寿氏(34)は、来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の現場が混乱し、撮り直しや編集が事実上不可能な状態と報じたニュースについて「別に普通に放送すればいいのにね」と反応。取り直しも含めて制作陣が対応に追われているというニュースを引用して「働き方改革とかNHK職員の労働基準法の遵守は大丈夫なんだろうか。『世間の目』を気にした行動が法律違反とか洒落にならないもんね」と警鐘を鳴らしました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク