にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:将棋

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】永野芽郁 1st写真集「moment」

【将棋】 「藤井聡太七段」 誕生! 最年少(15歳9カ月)七段に

藤井聡太 天才はいかに生まれたか将棋の藤井聡太六段(15)は18日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で船江恒平六段(31)を破り、4組昇級を決めると共に、「連続昇級で昇段」の規定により同日付で七段に昇段しました。

これにより、史上最年少(15歳9カ月)で、中学生でプロになった過去5人の中でも最速の1年7カ月での到達に。

これまでの七段昇段最年少記録は加藤一二三九段(78)の17歳3カ月で、プロ入り後の到達期間は2年8カ月でした。条件の追加や変更で昇段規定に違いはあるものの、中学生棋士の記録を1年以上短縮するスピード出世となりました。続きを読む

【フィギュア/将棋】 羽生&羽生、園遊会で奇跡のツーショット

永世七冠 羽生善治天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が25日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、平昌五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生(はにゅう)結弦選手(23)と国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生(はぶ)善治棋聖(47)が対面し、笑顔で握手しました。

羽生棋聖は2月に国民栄誉賞を授与された際の記者会見で、羽生選手について「読み方は違うが、漢字が同じで親近感を持っている」とコメント。

羽生棋聖の妻、理恵さんは3月、ツイッターで「羽生×羽生対談の企画をものすごく沢山頂いていますが、羽生結弦選手は今平昌後のお疲れや、試合と体調の調整が大切な時期なので、羽生結弦選手がOKされた企画にこちらは合わせます。そのように主人からはお返事させて頂いてるようです」とツイートしています。続きを読む

「東大生が選んだ現代日本の天才ランキング」 1位藤井聡太四段、2位明石家さんま、3位イチロー

天才 藤井聡太9月27日、フジテレビ系で放送されたバラエティ特番『さんまの東大方程式 第4弾』のなかで“東大生196人が選ぶ 現代日本の天才ランキング”を発表しました。

1位には藤井聡太四段(15)が選ばれ、その理由は「若いのに集中力とここぞでの勝負勘がすごい」、「落ち着いて冷静で、どこをとっても隙がない」さらには「藤井さんは別格だと思う」という声も。

2位に選ばれた明石家さんまは、「誰に対してもその人が持つポテンシャルを引き出すのが天才」、「言葉の返しがすごい上手で回路が速い、自分のストックからピッと結び付けてスポーンと返すのが絶妙でしゃべりの天才」としっかり分析されており、「どんな時も的確な言葉を選びパッと言える。そんなことが出来るのは本当にわずかしかいない。東大生の全てを上回っていると思う」と絶賛しました。続きを読む

加藤一二三九段 将棋ファンの無作法に怒り 「ハッキリ言って失礼」 「加藤さん」 という呼び方に違和感

ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―24日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、元プロ棋士の加藤一二三九段が、珍しく怒りを覚えた相手を明かしました。

番組では、加藤九段がゲストに登場し、数多ある伝説の真偽についてトーク。「怒ったことが一度もない」との伝説について、「最近、1回だけ怒ったことがあります」として、あるエピソードを披露。

加藤九段は、街ですれ違う一般人には何と呼ばれても構わないそうだが、将棋会館の建物から出たところで、男性に「加藤さん」と声をかけられ、「将棋会館に来ている人は将棋のファンだから、加藤九段とか加藤先生(と呼ぶべき)でしょう」と不快に思い、「めったにないんだけど、無視してスタスタと将棋会館を去りました」と明かしました。続きを読む

将棋映画 『3月のライオン』 あまりにも残念過ぎた公開時期に落胆する声が相次ぐ

3月のライオン【前編】 DVD 通常版人気将棋コミックを実写映画化した「3月のライオン」の公開時期をめぐり業界内では「早過ぎた」、「時期をなんとかできなかったのか」など落胆する声が相次いでいます。

同作は羽海野チカ原作の人気コミックを実写映画化。神木隆之介が演じた主人公の桐山零は史上5人目となる中学生で入段した若手棋士。劇中ではライバル棋士との対決や周囲の人々との心の交流を描く。

3月18日に前編、4月22日に後編が公開されたのですが、いざ公開してみると、集客に大苦戦。映画業界関係者は、「後編の公開時期はすでに藤井四段のブーム到来の予感があったはず。公開を延期するなり、前後編の一気上映企画をするなり、宣伝担当があれこれ知恵を絞るべきだったが、何もせずに公開終了。将棋ブームの到来を指をくわえて見ているだけになってしまった」と話しています。続きを読む

【将棋】 連勝新記録樹立の藤井聡太四段 「学校行きたくない」 で母困惑

将棋世界 2017年7月号(付録セット) [雑誌]史上最年少棋士でデビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が6月26日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に91手で勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成しました。順風満帆にみえる“棋士人生”ですが、現在、高校に進学するかどうかで揺れている最中とのこと。

母親の裕子さん(47)は、「今はすべての時間を将棋にあてたくて、学校に行く時間ももったいないみたいです。今日も『学校に行きたくない』とブチブチ文句を言っていました。高校進学についてはどうなるのでしょうか……心配です」と困惑。

関西本部の広報担当者は、「できる限り、対局は土日になるよう調整しています。平日に対局が入ったとき以外はすべて出席しています。授業態度も良好だと聞いています。高校進学に関しては、本人の意思をまだ聞いていませんが、学校へはご理解を求めております」と、日本将棋連盟も“藤井シフト”を敷いて、将棋と学業の両立をサポートすると話しています。続きを読む

【将棋】可愛すぎる女流棋士・竹俣紅(17)にアイドルファンからも熱視線、『行列』出演で絶賛の嵐

つるの将棋女流七番勝負可愛すぎる将棋棋士として話題の竹俣紅(17)が、6日夜に放送された系の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演し、そのアイドル並のキュートなルックスが、またもや話題となっています。

この日、同番組にゲストとして出演した竹俣は、制服姿で登場し、終始瑞々しい笑顔でトークに参加するなど、強心臓ぶりを披露。

ネット上では、「やっぱ普通にかわいいわ」「順調に育っててなにより」「ホントこの子だけは美人棋士と呼んでおかしくない存在だは」と絶賛のコメントが相次ぎました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク