「日本国紀」の天皇論 (産経セレクト S 16)小説家の百田尚樹氏(64)が31日、自身のツイッターで、政府による国民への現金給付案について持論を展開しました。

百田氏は「炎上覚悟で言う」と前置きし「今回のコロナウイルスで収入が減った国民のために、国民全員にお金を給付する話が出ている。それは賛成だが、生活保護の人に給付金を出すのは反対!」と主張。

その理由を「彼らは今回の騒動で1円も収入が減ってないのだから」と説明しました。続きを読む