時間革命 1秒もムダに生きるなホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(46)が8日、自身のツイッターを更新。議論を呼んだ「手取14万円は『お前』がおわってんだよ」論争について言及しました。

この日、堀江氏は「どんな低賃金でクソみたいな仕事でも、誰かが絶対にやらなければ回らないのが今の社会なんですけど、わかりませんかね?たとえ、社会人全員が東大キャリアで一流企業を目指しても、誰かが警備員をして、誰かがスーパーのレジ打ちをしなければなりません。それが社会です。終わってるのは誰ですか?」と寄せられたリプライにコメント。

「それは違っててレジ打ちなんか最近なり手がいなくなったので無人レジが普及し始めてるし、警備員だってなり手がいなくなればドローンとかAIがその役割を担うことになる。つまり何も考えずにそんな仕事をしてることが間違いなわけ」とつづりました。続きを読む