にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:映画監督

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】永野芽郁 1st写真集「moment」

松本人志、瀧容疑者逮捕 「作品に罪はある」 「僕は監督もするんで…」 公開中止、CD回収に疑問の声に見解

【早期購入特典あり】松本家の休日9(松本家の「コースター」さだ子ver.付) [DVD]
ダウンタウンの松本人志が17日、フジテレビで放送された「ワイドナショー」に出演。ピエール瀧容疑者の逮捕前に撮影された映画の公開が中止になったり、CDが販売停止・回収する事態になっていることについて、「作品に罪はある」という見解を示しました。

映画監督も務める松本は「僕は監督もするんで、僕が映画監督した(作品で)…主役級の人が〇物で公開前に捕まった…(とすると)」と考えれば、という前提でコメント。

「それはある種、ドーピング作品になってしまうので、僕は監督としては公開してほしくないですけどね。作品に罪はない、作品に罪はある…っていうことで言うと、僕は場合によっちゃ(罪は)ある、と思うんですよ」と語りました。続きを読む

園子温監督が救急搬送、心筋梗塞疑いも命に別条なし

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]
映画監督の園子温氏(57)が7日、心筋梗塞の疑いで、東京都新宿区内の病院に救急搬送されたことが分かりました。

園監督は海外でも評価されており、08年「愛のむきだし」がベルリン映画祭に出品され、「国際批評家連盟賞」を受賞。最近はハリウッド初進出となるニコラス・ケイジ(55)主演映画の準備を進めていました。

関係者によると、命に別条はないとのことです。続きを読む

相楽樹(23)、第1子出産していた 今年6月に映画監督・石井裕也氏(35)との結婚・妊娠を発表

週刊現代デジタル写真集 相楽樹 Colorful6月に映画監督の石井裕也氏(35)との結婚と妊娠を発表していた女優、相楽樹(23)が第1子を出産していたことが分かりました。

所属事務所は「出産は事実です」と認めましたが、「性別や誕生日は公表しない」と説明。

11月9日からヒロインを務めた映画「ふたつの昨日と僕の未来」(大森研一監督)がロケ地の愛媛で先行公開されますが、復帰時期については「家庭に入っているので…」としており、しばらくは育児に専念するとみられます。続きを読む

鬼才・園子温監督 ハリウッドへ 「日本のプロセスに飽き飽きした」

冷たい熱帯魚 [DVD]映画界の鬼才・園子温監督が、5月にハリウッドにおけるデビューを明かしました。

園監督は日本の映画業界について「日本は世界でもどんどん最低の部類になってますね。どうなっていくんだろうなってみんな危惧はしてる」とコメント。

ハリウッドで勝負する理由については、「日本のプロセスに飽き飽きしちゃったからアメリカ行くってのもあるんだけど。日本で映画を作ると映画祭に行って、映画祭で評価されて、その反響でヒットを狙う。そんなサイクルを一生やり続けるなんて疲れるし嫌だなって」と明かしました。続きを読む

是枝監督 カンヌ最高賞で祝意を辞退表明 「公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞い」

文藝別冊 是枝裕和フランスで先月開かれた第71回カンヌ国際映画祭で、メガホンを取った「万引き家族」が最高賞「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督に対し、林芳正文部科学相が文科省に招いて祝意を伝える考えを示したところ、是枝監督が辞退を表明しました。

林氏は7日の参院文教科学委員会で、立憲民主党の神本美恵子氏から「政府は是枝監督を祝福しないのか」と質問され、「パルムドールを受賞したことは誠に喜ばしく誇らしい。(文科省に)来てもらえるか分からないが、是枝監督への呼びかけを私からしたい」と返答。

答弁を受け、是枝監督は同日、HPに「『祝意』に関して」と題した文章を掲載。今回の受賞を顕彰したいという自治体などからの申し出を全て断っていると明かした上で「映画がかつて『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないか」とつづりました。続きを読む

故・高畑勲氏が 「遺した構想」 宮崎駿監督が映画化か

キネマ旬報 2018年6月上旬特別号(追悼・高畑勲) No.1780肺がんのため、4月5日に亡くなった映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が、5月15日に東京都の『三鷹の森ジブリ美術館』で営まれました。

盟友である宮崎駿監督は、式辞の最後に「ありがとう、ぱくさん(高畑監督)。55年前に…、あの雨上がりのバス停で声を掛けてくれたぱくさんのことを忘れない」と大粒の涙を流し、声を詰まらせながら故人をしのびました。

アニメ雑誌ライターは、「宮崎監督は高畑監督に捧げる作品を作るつもりのようです。高畑監督が2000年ごろから構想を温めていた絵巻もので『平家物語』が候補として挙がっています」と証言。SNSでも期待を寄せる声があがっています。続きを読む

「羽生結弦が苦手」 コラムに批判 銀魂の福田雄一監督が撤回・謝罪 「猛省しました。申し訳ありません」

AERA (アエラ) 2018年 2/19 増大号【表紙:羽生結弦】実写版「銀魂」などの作品で知られる映画監督の福田雄一氏(46)が2018年3月27日、フィギュアスケートの羽生結弦選手について書いた雑誌コラムで、本人やファンを「悲しい気持ちにさせた」として、ツイッターで謝罪しました。

問題となったコラムで福田氏は、羽生選手が個人的に「苦手」だとして、その言動について「恥ずかしい」などの持論を展開。こうした意見に、羽生選手のファンから「ただの悪口」「大人げない」などの批判が寄せられていました。

福田氏は、自身のTwitterで「いや、違うんです。羽生くんは素晴らしいアスリートなんです!だから、ダメ人間の僕からすると気後れするという話なんです」と弁明。「僕の軽率な言葉で、羽生くんや、羽生くんのファンの皆様を悲しい気持ちにさせてごめんなさい」と切り出し、「苦手という言葉はどうか撤回させてください」と訴えました。続きを読む

ビートたけし、生放送で涙 大杉漣さん悼む 「片割れがいなくなるようなさみしさ」

テレビじゃ言えない映画監督の北野武ことタレントのビートたけし(71)が24日、TBS系の生番組「新・情報7days ニュースキャスター」で、今月21日に急性心不全のため急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)の訃報に涙ぐみ、「自分に近い人の死っていうのはこたえるね。片割れがいなくなるようなさみしさがあるね」と、悲しみをあらわにしました。

ダークスーツ姿のたけしは、安住紳一郎アナウンサー(44)が大杉さんの訃報を読み上げると、苦しげに顔をゆがめた。安住アナに「さみしいですね」と話しかけられると「うん…」と絶句。鼻をすすり、再び涙をぬぐうとため息をつきました。

「最後の『アウトレイジ』もね、出てもらってんだよね。結末は、漣さんが、その…申し訳ないけども、死ぬ役なんだよね。だから、すごい変な言い方、俺が生かして俺が死なせたみたいな、妙な気になって。悲しいけどねえ、なんか申し訳ないと思ってさ」と、真情を吐露。「人間っていうのは自分の近い人の死とか、そういうのはこたえるね。長い関係がある人にとっては、相棒っていうか、片割れがいなくなるような、さみしさがあるね」と、漣さんが自身にとってもかけがえのない存在だったことを言い表しました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク