にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:映画監督

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】“岡山の奇跡" ファースト写真集 『桜井日奈子です。』

「低予算映画で苦しむのはスタッフ。キャスト」 園子温監督が邦画界の惨状ぶりを暴露

リアル鬼ごっこ 2015劇場版 プレミアム・エディション [Blu-ray]「紀子の食卓」(2006)や、「ヒミズ」(2012)の監督として知られる園子温氏が8月7日、ツイッターで日本映画の予算の少なさについて言及しています。

中国映画をプロデュースしたという園氏は、現場や製作費の違いに「日本映画が本当にダメに見えてきた」とコメント。

「低予算でもいい映画はある」という映画ファンに向け、「その現場ではブラックプロデューサーが今夜も朝まで撮るぞと息巻き、助監督は安い賃金に耐えられず逃げ数年前まで年末に口座に10万円なく年越しそば食えなかった園子温から言わしてもらうえばさ、低予算映画なんてこの世からなくなれだ」と現場の過酷さを明かしました。続きを読む

映画 『バケモノの子』 細田守監督、プロの声優を使わない意外な理由を説明

バケモノの子 (スタンダード・エディション) [Blu-ray]アニメーション映画『バケモノの子』などの細田守監督が9日、早稲田大学で開講されている講座「映画のすべて マスターズ・オブ・シネマ」に出席し、同大学の基幹理工学部教授である是枝裕和監督および学生からの質問に答えました。

「声優には何を求めて選んでいる?」という是枝監督の質問に、細田監督は、俳優だけでなく、声優、舞台俳優と幅広くオーディションをするが、結果的には「抑制力がある人」を選ぶ傾向があると回答。

自身の作品のボイスキャストに俳優を起用することが多いことについて「よく、細田が声優をバカにしているんじゃないか、と言う人がいるんですけど、彼ら(声優たち)のスケジュールがいっぱいだから使えないんですよ」と打ち明け、「でも力のある声優さんはそのスケジュールを無理やりこじあけてくれる。だから実はもったいないなとも思っていて。声優さんが映画のためにスケジュールを空けてくれるようになれば、やってもらえる人もいると思うんですけど」と続けました。続きを読む

10代の半数以上が与党支持 映画監督・森達也が新有権者へメッセージ 「棄権していい。へたに投票しないでくれ」

森達也・青木理の反メディア論初の「18歳選挙」となる7月10日の参議院議員選挙。映画監督の森達也氏が「選挙のたしなみ方」を伝授しています。

森氏は、冒頭から「選挙に行くことは、この国のグランドデザインを考えること。それを考えられない人は棄権していい。将来を考えると、「へたに投票しないでくれ」とも思います」とコメント。

「そばにいる数人が「自民党支持」と言ったら、自分も自民党支持になる傾向が強い。多数派はより多数派に、少数派はより少数派になってしまう」と説明し、「今、日本の政治は一部の特権階級の独占物になっている。新規参入を促すために、有権者が政治に対する概念を根本的に変えるべきです」と訴えています。続きを読む

マジで日本人休め!マイケル・ムーア監督が日本にメッセージ

シッコ新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』が公開中のマイケル・ムーア監督がインタビューに応じ、新作に込めた思いや日本人に対して思っていることを熱く語りました。

ムーア監督は今回の作品について、「アメリカ人だけでなく、日本人を含め、世界中の人々が『互いの国からそれぞれに学ぶべきことがある』と気づき、そのことを考えるきっかけとなってほしい」と説明。

日本人は「イタリア人から学ぶことから始めてほしい」といい、イタリアでは年間8週間の有給休暇が普通に認められるという驚愕の事実が紹介されている本作に絡めて、「日本人は、マジで休みを取って、リラックスして、人生を楽しむべきだよ。めちゃめちゃ働いても経済は破綻する時は破綻するんだ。働きすぎてもいいことなんてないよ」とメッセージを送りました。続きを読む

押井守、宮崎駿作品を辛口批評 「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」

監督稼業めった斬り―勝つために戦え!鬼才・押井守監督が29日、新宿バルト9で行われた映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』ティーチインイベントに来場、宮崎駿作品について、行き当たりばったりで願望だけで作られていると辛口で批評しました。

構想15年、総製作費20億円、カナダとの合作でオール北米ロケにより撮影された本作。この日は大勢の押井マニアが集結し、観客からは「押井監督は『構造』という言葉を使うが、この映画の構造は?」「映画の体感時間をどのように考えるか?」といった、哲学的な質問が続々とぶつけられました。

押井は、「構造というのは、建築的なイメージで言っているのですが、何が何を支えているのか、ということ」と話し始め、「監督をやっていても構造を持っている人はほとんどいない。私に言わせれば、宮さん(宮崎駿)は構造がない典型」とバッサリ。

「宮さんの作品はいつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている。でも願望やあこがれ、ロマンチックな要素、思い入れを排除したところに出現するのが、いわゆる構造というもの。これは語り出すと本を1冊書けるくらいの内容になるんだけどね……」と、まだまだ説明しきれない、といった様子で語りました。続きを読む

スピルバーグ監督、アメコミ・ヒーロー映画はそのうち観客に飽きられて廃れると予言

スティーブン・スピルバーグ論スティーブン・スピルバーグ監督が、ハリウッドの主流となっているスーパーヒーロー映画の終焉を予言しました。

スピルバーグ監督は、「今はスーパーヒーロー映画はまだ人気があるし、大流行しているが、他のジャンルに抜かれて廃れる日がやってくる。僕は西部劇が死に絶えた時代を知っているからね。スーパーヒーロー映画にも同じことが起きる日がやって来る」と予言。

続けて、「西部劇が大リバイバルを果たす日が来ないとは限らないし、スーパーヒーロー映画が復活することもあるだろうけどね。僕が言っているのは、大衆文化の中では、こうしたサイクルの長さは一定だということだ」と語っています。続きを読む

山田洋次監督 長崎、反戦集会で講演 「中国人に謝らないと」

山田洋次と寅さんの世界―困難な時代を見すえた希望の映画論映画監督の山田洋次さんが、長崎市の長崎大医学部記念講堂で5日、有志でつくる「平和憲法を守る長崎ネットワーク」が反戦を訴える集会を開き、講演しました。

監督は、約400人の来場者を前に「中国人が日本人に歯向かうなんて、とんでもないと思っていた」と戦時中の少年期を振り返り、「歴史を認めて(中国人に)何度でも謝らないといけない」と、現在の心境を語りました。

戦時中を満州で過ごした監督は、一緒に馬車に乗った知人が中国人の馬車夫の頬をたたいていたエピソードを語り、「中国人への差別意識の上に戦争が起こった」との認識を示しました。続きを読む

品川祐、芥川賞受賞作 「火花」 ドラマ化構想 「又吉先生に全力で土下座して」

品川食堂 (ヨシモトブックス)品川庄司の品川祐(43)と庄司智春(39)が24日、東京都内で行われた「ソフトバンク新サービス発表会」に出席し、同サービスで「品川監督ドラマを作りたい」と熱望しました。

イベントでは、ソフトバンクとネットフリックスが業務提携し、オリジナルコンテンツを共同制作することが発表され、品川は「又吉先生に全力で土下座して(芥川賞受賞作)『火花』をドラマ化する!」と宣言。

この提案を聞いたネットフリックスのグレッグ・ピーターズ社長は「品川さん、もっとお話しましょう」と、まさかの好感触を示しました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif



スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク