2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」完全読本 (NIKKO MOOK)NHKが22日、東京・渋谷の同局で定例会見を開き、19日にスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」について、木田幸紀総局長は「大変いいスタートが切れた。2週間遅れたにも関わらず、多くの方にみていただけた。私も手応えを感じています」と語りました。

描かれた山野の色や、明智光秀を演じる長谷川博己ら出演者の鮮やかな色の衣装などについて、一部に「目がチカチカする」との批判があることに、制作幹部は「さまざまなご意見をいただいています」とコメント。

鮮やかな衣装については「時代考証に基づいています」と説明しました。続きを読む