いだてん 完結編 (3) (NHK大河ドラマ・ガイド)3日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん」では、東京国税局に申告漏れを指摘され当面の活動自粛を発表した「チュートリアル」の徳井義実(44)が出演していることについて、番組冒頭でテロップを流して対応しました。

しかし、徳井の出演シーンを編集でカットし切れないままの放送に。

放送されたのは、徳井が演じる女子バレーボール日本代表監督の大松博文が「立て。死んでも立て」と過激な言葉を吐き、安藤サクラ演じる“東洋の魔女”の主将・河西昌枝にボールを投げつけるシーンでした。続きを読む