日経エンタテインメント! 2019年 7 月号
ロックバンド、氣志團が主催する野外フェスティバル「氣志團万博2019」が15日、千葉・袖ケ浦海浜公園で最終日を迎えました。台風15号の影響で県内が停電や断水の被害に見舞われる中、前日14日と合わせた2日間で33組が出演し、約4万5000人が集結。この日は、元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)と歌手、田原俊彦(58)も出演。ともに音楽フェス初出演で被災地に元気と希望を届けました。

ひと際大きな歓声を浴びたのが稲垣、草なぎ、香取の元SMAP。日が暮れたステージに青い照明が灯り、真っ白な衣装の3人がせり上がって登場すると、会場の2万5000人は歓喜しました。

また、3人が所属していたジャニーズ事務所の先輩、田原は赤いジャケット姿で58歳とは思えないキレキレダンスで代表曲「ハッとして!Good」や「抱きしめてTONIGHT」を熱唱。同じステージに立つことはなかったが、稲垣らと楽屋で対面したといい、「20年ぶりくらいの再会。またどこかでコラボできることがあればうれしい」と語り、ファンを感激させました。続きを読む