にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

カテゴリー:漫画家

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】“岡山の奇跡" ファースト写真集 『桜井日奈子です。』

【漫画家】 西原理恵子 “卒母” で連載終了を決意 毎日かあさん16年の連載に幕

毎日かあさん10 わんこギャル編マンガ家の西原理恵子が毎日新聞で連載中の人気マンガ「毎日かあさん」が、6月26日付の同紙をもって16年にわたる連載を終了することが22日、明らかになりました。

西原は、連載開始時に4歳だった息子が今春、大学に入学し、娘が16歳になったことで「このあたりで『卒母(そつはは)』して、新しいマンガを始めたい」と決意を固めたとのこと。

なお、西原は10月から毎日新聞で「毎日かあさん」と同様、週1回の新連載(タイトル未定)を開始します。続きを読む

橋下徹氏、番組共演の小林よしのりを酷評 「やっぱりバカだった」

[総括!森友問題]これが全体解決への唯一の道だ! 【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.50】 Kindle版前大阪市長の橋下徹氏が9日、ツイッターを更新し、8日に放送されたテレビ朝日系「橋下×羽鳥の番組」で共演した漫画家の小林よしのり氏について「やっぱり小林よしのりはバカだった」と痛烈に批判しました。

橋下氏は小林氏について「人の話を理解する能力が欠如しているし自分が絶対的に正しいと勘違いしている」「日本の戦争を自衛戦争だと完全に正当化してアメリカの原爆投下だけを非難する矛盾に気付かない」と非難。

更には「小林は現実の政治の悩みなどを全く気にしない無邪気な乳幼児のよう」と、バッサリ。「番組で憲法論をはじめ現実の政治を少しは教えてやろうと思ったがもう出演しないだって。自分を持ち上げてくれる現実知らずのお友達と仲良くやってろ」と吐き捨てるようにつぶやきました。続きを読む

新谷かおるさんが休筆宣言 漫画家生活45年 『エリア88』 など代表作

エリア88 1『エリア88』などの作品で知られる漫画家の新谷かおるさんが26日、Twitterで休筆宣言しました。

新谷さんは26日、月刊コミックフラッパーで連載中の「クリスティ・ロンドン マッシブ」最終回の原稿とともに、「これで漫画家として、一旦筆を置きます」と公式Twitterに投稿。

この日66歳の誕生日を迎えたことを明かした上で、「一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」と綴っています。続きを読む

「ジョジョ」 の荒木飛呂彦氏、キャラ生き返る漫画 「好きじゃない」

荒木飛呂彦の漫画術「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる漫画家の荒木飛呂彦氏が11日放送の「王様のブランチ」(TBS)に収録でゲスト出演しました。

「ジョジョ-」以前の時代から、荒木氏の作品に注目していたというMCの谷原章介は、「ジョジョ-」の第3部に登場するイギーという犬のキャラクターが作中で死んでしまうことを、「あれが死んだ時悲しかった…。なんでイギー死んじゃうんだよ」と1人の読者としてなげいたと振り返ると、荒木氏は「生かしたかったんだけどね…。作者のコントロールが効かない時がある」と、ストーリーの流れの中で、どうしても“殺さなければならなかった”ことを明かしました。

荒木氏は、「勝手に走って無理矢理やると何かが壊れるんですよね。まず、魂を売った感じになるし、作品に対して」と思いを打ち明け、さらに、「あんまり言うのいやだったんだけど…。死んだ人が生き返るのがいやだったんですよね」と漫画作品ではまま見られる“生き返り”についても言及。「完全にあそこ死んでるだろうっていうのが生き返ってくるのがいやなんですよね。そういうのが。神様が命を与えてくださいました、みたいな生き返らせ方をする…あんまり漫画って好きじゃないです」と持論を語りました。続きを読む

高須院長の “恋人を頑なに整形しない理由” が深すぎる 「人は欠損に恋をする」

行ったり来たり 僕の札束: 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ高須クリニック・高須克弥院長(72)と交際中の漫画家・西原理恵子(52)。彼女の著書『ダーリンは70歳』(小学館)シリーズの内容が、SNS上で話題になっています。

高須院長は09年に西原との熱愛が発覚。20歳も年の差がありながら、おしどりカップルとしても有名です。そんな2人の交際の様子を描いた同著では、たびたび西原が高須院長に「整形したい」とお願いする場面が。

しかし、西原が必死に(ときには泣きながら)懇願をしても、高須院長は絶対に彼女にメスを入れない。その理由について、高須は「いいですかりえこさん、人は欠損に恋をするんです。黄金率でないもの、弱いもの、足りてないもの、人はそれを見た時、本能で補ってあげようとする。その弱さや未熟さを自分だけが理解していると思う。欠損の理解者になるのです」と説明しました。続きを読む

小林よしのり 「諸君、共産党の小池晃議員を応援しなさい!」

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い~ DVD-BOX漫画家のこばやしよしのりが「諸君、共産党の小池晃議員を応援しなさい」と訴えています。

小林氏は小池氏について、「小池氏は憲法を守る立場から、譲位は「皇室典範の改正」しかないと考えている。特例法は憲法違反だという主張だ」と紹介。

「小池晃議員は「共謀罪」に反対していたが、わしも同意する。天皇すら畏れない安倍政権が、「共謀罪」まで成立させたら、独裁政権になることは確実だ」と説明し、「「お花畑」の呑気な連中は気づいていないだろうが、今の状況は独裁政権を防ぐギリギリのところまで来ていると心得よ!」と、日本の危機を訴えました。続きを読む

小林よしのり氏 「天皇が能力評価と無縁なら竹田恒泰氏でいい」

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い天皇陛下の生前退位について、賛成、反対両陣営の“筆頭”である小林よしのり氏と八木秀次氏が150分の激論を交わしました。

八木秀次氏は、「天皇陛下は全身全霊で公務を務めてこそ天皇だとお考えになっていて、それができなくなるから退位を望まれている。すると国民は、今の皇太子殿下が即位した後も同じように精力的な活動を期待するでしょう。しかし、同じことができるとは限らない。そのとき国民は前天皇と現天皇を比較して、能力評価する。そこで国民が対立して、権威が二分化することを私は懸念します」とコメント。

これに対し小林よしのりは、「天皇が能力評価と無縁であるべきだというなら、竹田恒泰にやらせたっていいじゃない」と主張。「ロボットじゃないんだから、普遍的な天皇像を押しつけるのは無理。皇太子殿下がどんな天皇になるかは未知数だけど、だからこそ、わしなんかは『どんな天皇像を作ってくれるのかな』とワクワクする」との考えを示しました。続きを読む

【漫画家】 荒木飛呂彦さん、56歳に見えない若さあふれるルックスにどよめき

荒木飛呂彦の漫画術「第45回ベストドレッサー賞」の授賞式が30日、都内で行われ、「ジョジョの奇妙な冒険」などで知られる漫画家の荒木飛呂彦さん(56)が、学術・文化部門で受賞。黒の三つぞろいスーツで笑顔でレッドカーペットを歩いて登場しました。

とても56歳には見えない若さあふれるルックスに会場からはどよめきが。

「80年にデビューして、『ジョジョ』もちょうど(連載)30年。若さの秘密? 東京都の水道水で毎朝、顔を洗ってます」とニッコリ笑いました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
月別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif



スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
スポンサードリンク