太田雄貴「騎士道」―北京五輪フェンシング銀メダリスト
日本フェンシング協会は2021年世界選手権から日本代表選手選考に英語力のテストを導入することを発表しました。

日本協会の太田雄貴会長は25日の会見で「選手のセカンドキャリアも考え、真剣に考えた決断」と力説。

選手たちが受けるのは、ベネッセ運営の英語検定試験GTEC。年に1回、試験を受け、国が高校卒業時に50%の生徒に取得して欲しいというレベルA2が求められます。
続きを読む