勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(37)が28日深夜放送のフジテレビ系「石橋、薪を焚べる」に出演。テレビからYouTubeの世界に軸足を移した経緯について語りました。

この日が約半年ぶりのテレビ出演。MCの「とんねるず」石橋貴明(58)から「テレビとは決別してしまったの?」と聞かれた中田は、「決別したつもりはないんです」と語ったものの、「テレビはもう無理だなった思ったんですよね。(全盛期に)レギュラーが7本ぐらいあったんですけど、自分のやりたいことをやらせてもらえるまでにはならなかったなっていうことで」と説明。

テレビから姿を消した後は、自著を売るために書店へのあいさつ回りを続けていたという。その際、メンタリスト・Daigo(33)がYouTuberとして売れていることを確認し、「(Daigoが)めっちゃ売れてた。それでまねしようと思って。ほとんど同じことをやった」と明かしました。続きを読む