東京を変える、日本が変わる
前東京都知事の舛添要一氏(70)が14日、3月12日に逮捕された俳優のピエール瀧容疑者(51)について、自身のツイッターアカウントで言及しています。

舛添氏は、「品行方正な芸人に魅力はない。ピエール瀧、新井浩文、勝新太郎。芸人はマージナルマンである。だから、常人に不可能な創造ができる。面白くもないエンタメは定義矛盾だ。品行方正でもやぶな医者は要らない。芸人も同じ。道徳が支配する国に芸術や文化は育たない。勿論犯罪を称賛しているのではない」とツイート。

元都知事の発言ということもあり、リプライ欄には「最後の一文があればなんでも言っていいって訳じゃない」と、批判が相次いでいます。続きを読む