「週刊文春」編集長の仕事術8日、文化放送のラジオ番組「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」に「週刊文春」(文藝春秋)の現編集長・新谷学氏が出演し、発売中の同誌がスクープした“元SMAP・香取慎吾の同棲”報道の真意を語りました。

まず、同誌の編集方針について新谷氏は「相手をやっつけるとか、断罪するとか、番組やCMから下ろそうとかそういう意図は全くないんですよね。正しいことだけやるのが人間じゃなくて、弱さも愚かさも持っている、だから人間っておもしろいじゃないか。それが週刊誌の精神だと思っていて、私はそういうモットーでやっています」と説明。

「今回の香取慎吾さんの件も、彼のプライバシーを暴きたてて喜んでいるわけではなくて、そろそろSMAPの鎧を脱いで、一人の人間・香取慎吾として幸せになってくれたらいいのになと」と真意を語りました。
続きを読む