さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~タレントで魚類学者として知られるさかなクンが2月12日、参議院国際経済・外交に関する調査会で参考人として意見陳述します。国会の規則では、品位や礼節を欠くとして、帽子の着用は認められていませんが、彼に限っては、着帽は特例で認められたという。

国会の規則では、基本的に帽子の着用は禁止されており、「参議院規則」第209条によれば、『議場又は委員会議室に入る者は、帽子、外とう、襟巻、傘、つえの類を着用し又は携帯してはならない。』。

参議院事務局は、「参考人として調査会に参加するにあたって、さかなクンから、『通常の服装でよろしいでしょうか?』と要望がありました。それを受けて、2月5日、調査会の前に行われた理事会で、自民党の鶴保庸介会長が、『国会の規則では、帽子は、品位、礼節を欠いた服装ということになっています。ただ、さかなクンの帽子は、品位、礼節に欠いたものにはならないと思っています。ご本人からも、通常の服装で出席したいという意向がありました。彼の帽子を認めてもよろしいでしょうか?』と各会派に聞くと、みなさん賛成でした」と明かしています。続きを読む