ナインティナインの上京物語
お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(47)は28日、“闇営業”に端を発した吉本興業の一連の騒動について初めて口を開きました。

矢部は、27、28日の2日間、滋賀県彦根市で行われた読売テレビの夏の風物詩「第42回鳥人間コンテスト」(8月28日後7・00)に、10年務めた東野幸治(51)に替わるMCとして参加。「嵐は去ったが、会社(吉本興業)は?」との質問に「テープ、回してへんやろな」と笑わせた後、持論を語りました。

積極的に動こうとしている相方の岡村隆史(49)とは違って「ボクは楽観的に見てる」と一歩引いた姿勢。「いろんな話がゴチャゴチャになってる。悪いイメージをプラスにするにはお笑いしかない。お笑いは自虐もできる。それを武器にするのは自分らがやっていくことなのかなと思います」と先を見据え、「すぐに吉本もいい飛行をしてくれるんじゃないかな」と鳥人間コンテストに引っかけました。続きを読む